<全国高校野球選手権:大阪桐蔭7-6開星>◇15日◇1回戦

 3年ぶり9回目の出場の開星(島根)が、大阪桐蔭に1点差で惜敗した。

 初回に4点を奪いリードしたものの、先発したエース恩田和季(3年)が3回4失点。2番手宮川公佑(3年)は2つのボークなどで逆転を許した。それでも8回に1点を返し1点差に迫ると、9回には3番持田隆宏(3年)が出塁。しかし同点に追い付くことはできなかった。

 宮川は「心が落ち着かなかった。気持ちが前にいきすぎて空回りしてしまった結果、ボークになった」と涙を流した。先発した恩田は「4点のリードがあったことで守りに入ってしまった」と悔やんだ。