日本の野球文化は高校野球から成り立っている。日刊スポーツ評論家の田村藤夫氏(61)は、今夏甲子園大会取材で実感した高校野球の意義と、いまだ胸の奥でくすぶる大阪桐蔭―東海大菅生の降雨コールドゲームへのもどかしさを語った。来春センバツ出場がかかる秋季大会が本格化する今、プロ野球にはない高校野球でしか味わえない魅力を全国の野球ファンへ発信する。(全文5317文字)

◆ ◆ ◆ ◆

プロ野球を見続けてきた私にとって、今回の甲子園取材は、私も歩んだ原点を思い起こさせてくれる時間となった。

言ってみれば、一期一会の観戦が高校野球だった。朝7時過ぎには甲子園球場の報道受付で名前を告げ、リストを確認してもらい色分けされたシールを報道許可証に自分で貼って受付を通過する。限られた枚数しか各社に配されていないため、貴重な1枚を私は使い球場に入る。そして、バックネット裏の古めかしい記者席に座り、試合前のシートノックからグランドに目をやった。

銀傘の下からグランドが一望できる。あらためて広大な内外野、ファウルゾーンを実感できる。そして、アルプススタンドは両翼に高くそびえたつが、そこに満員のファンがいない。今年の大会が、いかに異例な中で開催にこぎつけたかを痛感した。

試合が始まれば、どんどん進行していく。プロ野球のように、選手がある程度の間を許されることもない。当然のことだが、打者が打席を外せばすぐに入るように促されるし、そもそもすぐに打席を外す球児はほとんどいなかった。投手のテンポも小気味よく、試合のリズムは記者席から見ている私には心地よかった。

これまで、テレビでは高校野球を楽しんできたが、捕手として生きてきた身としては、グランド全景が見渡せる場所から甲子園大会を見たかった。

捕手は1人だけバックネットを背にグランドを向く。常に野手を見ながら、内外野の守備位置を把握していた。審判のストライクゾーンの傾向を肌で感じ、投手の表情から自信があるのか、不安に感じているのか、そういった情報を五感を使って頭に入れ、ミットを構えた。

甲子園球場に身を置き、生の雰囲気を感じながら、テレビ画面では分からない全体の動きを視野に入れて試合を見たかった。そして、一定期間甲子園大会を見ることができて、私が関東第一で投手、捕手、三塁手をやりながら甲子園を目指していたころを頭の中でオーバーラップさせながら、存分に高校野球を観戦させてもらった。

捕手の私が感じたプロ野球と高校野球の違いを、真っ先に感じさせてくれたのは三振だった。

【残り4278文字(全5317文字) この記事の続きは会員登録(無料)で読めます】>>