日本ハムの球団公式チアリーダー「ファイターズガール」卒業を発表した滝谷美夢さん(25)が、ニッカンスポーツの単独インタビューに応じた。18年から在籍し、昨年は「きつねダンス」の大ブレークに貢献。ファイターズガール屈指の人気者が、今の思いを口にした。【取材・構成=永野高輔】

  ◇  ◇  ◇

ファイターズガールと滝谷さんを一気に全国区に押し上げたのは「きつねダンス」との出会いだ。昨年は新語・流行語大賞のトップテンに選出された。

「ほんとに想像してなくて、過去の自分に言ったら本当に驚かれるようなことしか起きてないです。最初に(発案者の)尾暮(沙織)先生から聞いたときは、これほんとに踊るの? っていう感じで(笑い)。曲もすごくて。ある意味耳にすごく残るというか。本当に新しい、斬新な感じだなって思ったので、本当に球場で試合の合間に踊るのかな、っていうのが1番最初の感想でした」

「Ylvis」の楽曲「The Fox」のユニークなメロディーに乗って、コミカルなダンスを披露。選手が一緒に踊る姿も話題となり火がついた。

「最初は恥ずかしさは、ありました(笑い)。多分ファイターズガールみんなちょっと若干恥ずかしい気持ちがあったと思います。でも、当時のファイターズの矢野(謙次)コーチが一緒にベンチで踊ってくださったりとか、清宮選手が踊ってくれたりとか、当時ソフトバンクの松田(宣浩)選手が、踊ってくれたりとかで、パリーグTVのYouTubeとかに取り上げていただけるようになって。あ、何かすごいみんなに注目してもらってるのかなっていう感じになっていきました」(つづく)

【滝谷美夢さん独占インタビュー1】

【滝谷美夢さん独占インタビュー2】

【滝谷美夢さん独占インタビュー3】

【滝谷美夢さん独占インタビュー4】