歌舞伎俳優尾上菊之助(41)の長男寺嶋和史君(5)が7代目尾上丑之助を名乗り初舞台を踏むことを祝って、宮崎駿監督(78)が描いた絵が祝幕になる。

11日、都内で菊之助、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(70)が会見し、デザインが発表された。和史君は、「團菊祭五月大歌舞伎」(5月3~27日、東京・歌舞伎座)の「絵本牛若丸」で初舞台を踏む。アニメーション監督が歌舞伎の祝幕を描くのは初めて。

京都・五条大橋上での、牛若丸と弁慶が描かれた絵が披露された。菊之助は「とても元気のある、躍動感のある作品。この絵にあやかりまして、元気はつらつとして舞台を務めさせていただきたい」と話した。和史君も喜んでいたそうで、牛若丸を見て「これ、ぼく?」と何度も聞いていたという。

鈴木氏も「和史君に会った時、びっくりしたんです。似てるんです。かわいくて元気いっぱいだった。この子と遊んだらおもしろいだろうな、と思いました」と話した。

もともとの作品に、弁慶は登場しないが、宮崎監督の絵を見た菊之助は「弁慶が出ないわけにはいかないだろうと、弁慶をやらせていただくことにしました。初役です」。

鈴木氏によると、12月に菊之助が出演する歌舞伎版「風の谷のナウシカ」が縁での依頼。同氏は「まさか歌舞伎の、和史君の祝幕をやるとは想像もしなかった」と話した。宮崎監督は、すぐにラフを描き始め、その後弁慶について調べて絵を完成させたという。

祝幕は、初舞台は襲名などの節目に、後援会やごひいきから俳優に提供される特別な幕。宮崎監督による原画は「團菊祭」期間中、歌舞伎座に展示される。