「M-1グランプリ2023」の準決勝(7日)にワイルドーカードで進出したダブルヒガシの大東翔生(30)が5日、自身のX(旧ツイッター)を更新。M-1公式インスタグラムにツッコミを入れた。

最新の投稿はダブルヒガシがワイルドカードで準決勝に進出することをダブルヒガシの写真を用いて投稿。その前までは「爆笑が 爆発する」の大判画像を横3マス×縦4マスで分割表示していた。ダブルヒガシの投稿により、1枚ずれてしまい、大東は「あかんパズル」とツッコんだ。

同投稿に対し「優勝フラグでしょ」「番狂せの伏線やん」などと書き込みがあった。

◆ダブルヒガシ ツッコミの東良介と、ボケの大東翔生は大阪・東住吉総合高の同級生で、NSC大阪校36期出身。14年にコンビ結成。「ytv漫才新人賞」と「ABCお笑いグランプリ」の2冠を達成。「M-1」準決勝には7年連続で届かず、今年ワイルドカードで初進出を決めた。