女優吉高由里子(35)が11日、都内で行われた24年度のNHK大河ドラマ「光る君へ」(24年1月7日スタート)の会見に出席した。

オファーを受けたのは2022年3月だったといい「今日までがあっという間で、どきどきわくわくしていますけど、緊張もするし楽しみでもあって、いろんな感情がわき出ております」と語った。

演じるのは平安時代に「源氏物語」を書いた紫式部。タイトルバックでは紫式部と、「源氏物語」に登場する光源氏のモデルの1人と言われる藤原道長と思われる2人の手が映し出される場面もあった。吉高はタイトルバック撮影について「映像監督が独特な方でしたね。『エクスタシー、エクスタシー』って言われました」と振り返り「すごく色鮮やかな平安っぽさもありますし、私の顔はカットしてほしい恥ずかしさあるんですけど、あの撮影をして、自分が出ているんだ、主役としてやっていくんだとあらためて実感したというか、うれし恥ずかしのタイトルバックでした」と語った。

撮影では琵琶や乗馬などを披露するシーンもある。「人生の中で一番習い事をしています。月謝なしの」と笑わせつつ「全てが新鮮ですし、(役の中で)成長するにつれて着物の着方も変わりますし、そこの(平安の)世界の中に飛び込んでいっている日々でございます」と話した。

平安時代を生きる人々を演じて感じたことについては「心の感覚はかわらないんだなというのは思いました」と語った。もともと星や月が好きだといい「電気がない時代に、夜空がどれだけ明るかったのかは行ってみて見てみたかったな」と思いをはせていた。

会見には藤原道長役の柄本佑(36)も登壇した。道長の肉筆の残る書物を実際に京都まで見に行ったエピソードも開かし「見てよかったと思います。やっぱり字はでかいなと。指先からくる人間性みたいなものがあるなと思いました」と語った。演技では貴族社会独特の所作にも気を付けているといい「階段とかは全部左足で上がるとか。日常でも左足を先にする感じがたまにあります」と笑顔で語った。