米サンフランシスコ在住のタレント野沢直子(60)が22日、自身のブログを更新。離婚調停中であることを明かした。成立後、日本人男性と再婚予定であることも発表している。

「人生の第3ラウンド」とのタイトルでエンタリーした野沢は「2021年から3年間。この3年間は私にとって、怒涛の3年間でした」とし「簡単に言うと、離婚して再婚します。え?簡単すぎますか?笑 現在ボブとは離婚調停中、離婚が成立次第、一緒にバンドやってるトラと再婚します」と、93年に結婚したバンドで知り合った米国人男性ボブ・リンプと離婚調停中と明かし、別の男性と再婚することを発表した。

続けて「実はボブは3年前に家を出ていて、その後にトラとの交際がスタートしました。トラのご両親にはもう再婚したい意向を話して、まだ籍は入れていませんが、家は私がキープすることになったので、我が家で去年の3月から私の次女と息子とトラ、4人と犬2匹、ネコ3匹の同居生活がスタートしています」とこれまでの経緯を説明。

ボブは家を出た後も1年は家のローンなど払っていたというが、それも途絶え、「ローンに家の保険代、車の保険代、家の固定資産税などあまりに払っていかなければならないことが多く、結局私はクレジットカードにたくさんの借金をしてしまいました」と告白。現在はトラが支払いなども手伝ってくれているといい「とりあえずはもうクレジットカードから借りなくても生活は回るようになりましたが、それでも借りた分は返していかなければならず。長く生きてれば人生もいろいろありますが、還暦になって借金かよー、て感じですが、仕方なくバイト始めました」とデリバリーのようなバイトを始めたことも明かしている。

その上で「離婚のプロセスそれなりに大変だし、バイトは肉体的には大変だし、ガチで貧乏なんですが、笑 トラとはよく喧嘩もするけど、トラと私と子供たちの同居生活もお陰様でうまくいっていて4人で楽しくやっていて、そこは幸せで、ほんとにそれで救われてる、ていうところもありますが」と現在の状況を報告。

また、今回、ブログで報告したことについて「日本とは違うカリフォルニア州での離婚の経過、トラと子供たちとの同居生活の毎日、還暦から始めたバイトライフの様子、演技の仕事への道のりなど、私の人生の第3ラウンド笑の記録をこのブログに書き始めたら結構おもしろいかなあ、、と思って、思い切って書き始めることにしました」と説明。再婚予定のトラとの写真などアップし「老いてきたけど、野沢直子もがんばってんな、じゃ、私もがんばるかあ、、なんて思っていただければ幸いです」とつづっている。

◆野沢直子(のざわ・なおこ)1963年(昭38)3月29日生まれ、東京都出身。81年に高校同級生とのコンビでデビュー。83年から吉本興業所属。テレ朝系「トゥナイト」、フジ系「夢で逢えたら」などで人気に。91年に渡米し、93年にバンドで知り合った米国人男性ボブ・リンプと結婚。同10月に長女、96年に次女、01年に長男出産。バンド、ELECTRIC MACHINE GUN TITSの一員として米国各地で活動中。米国永住権取得済み。演技経験は87年公開映画「二十四の瞳」など。長女は格闘家の真珠・オークライヤー。身長158センチ。血液型B。