栗東所属のデビュー9年目、森裕太朗騎手(26)が先週から拠点を美浦に置き、調教騎乗にはげんでいる。20日も精力的に調教をつけ、汗を流した。滞在は3カ月間の予定。

高柳瑞厩舎を拠点とし、関東厩舎関係者との信頼関係構築に努める。1週間で既に環境には溶け込めているという。森裕騎手は「武者修行ですね。これまで関東馬にも騎乗させていただいていますが、もっと関係を深めて、乗鞍を増やすことにつなげていきたいと思っています。環境を変えて現状を打開したい思いです。いい関係が築けるよう頑張りたいです」と強く意気込んだ。