【リヤド(サウジアラビア)=木南友輔】22日、「インターナショナルジョッキーズチャレンジ」(23日)に参加するジョッキーの会見がキングアブドゥルアジーズ競馬場の会見場で行われました。会見に出席したニュージーランドのリサ・オールプレス騎手(48)は第1回サウジCが行われた4年前にもこの騎手招待競走に参加。サウジアラビアの競馬で初めてとなる女性騎手の勝利を挙げています。

 

過去に3回(02年、15年、16年)短期免許で、19年には「ワールドオールスタージョッキーズ」で来日。現在もニュージーランドのトップジョッキーとして活躍している“レジェンド”です。会見場の隅で彼女のことを見つめていたのが、長男のジョシュさん(19)。15年夏の福島では家族で口取り写真に納まったこともありました。お父さんの体格の良さを受け継いでいるのか、大柄で優しい感じの青年です。

 

オールプレス騎手の家にホームステイしていた経験を持つのが、昨夏に函館で史上最年少リーディングに輝いた佐々木大輔騎手。オールプレス騎手もジョシュさんも「ダイスケの調子はどう?」と笑顔でおっしゃっていました。「今年のサウジC、どの日本馬が勝つの?」。レースの時は、強力な米国勢と戦う日本馬を応援してくれると思います。