西武打線組み替え 秋山が今季初1番、源田3番起用

<西武4-5ロッテ>◇9日◇大宮公園

西武秋山翔吾外野手(31)が、今季初めて1番で起用される。

昨季は不動の1番としてリーグ制覇に大きく貢献したが、今季は開幕から3番で起用されてきた。4月中旬に2番源田が死球で負傷し、4試合で2番を務めたケースはあるが、1番は初めてとなる。

チームは秋山以外の打順も大きく組み替えた。ここまで1番を務めてきた金子侑は不調でスタメンを外れ、2番が定位置の源田は初めて3番に。2番には、これまで主に9番だった木村が起用される。また打率2割と低迷する外崎も先発を外れ、ルーキー山野辺が「9番二塁」で名を連ねた。