巨人原監督「わが軍の不徳と致すところ」広島と2差

<巨人3-8広島>◇24日◇東京ドーム

巨人は、坂本勇の2本塁打も空砲に終わり、首位攻防戦初戦を落とした。7回1死一塁では、代打中島が頭部に死球を受け、マウンド方向に2歩、3歩と歩み寄った。両軍がベンチから飛び出し、広島一岡は危険球で退場となったが、後続が倒れて打ち負けた。

2発の坂本勇に続く、3番丸、4番岡本は4打数無安打。原監督は「向こうのクリーンアップにはホームラン4本打たれているわけだしね。その点では、やや差が出たかなというのはありますね」と言った。

5回は二塁走者の石川がけん制で刺され、1点差に迫った7回2死三塁では、戸根が投前へのバントをファンブル(記録は安打)して失点。ミスが続いた。指揮官は、けん制死については「フォローはちょっとできかねる。本人はもちろん、一塁コーチャーの責任でもあるね。見えてない部分があるから」と指摘。戸根の失点は直前に2死二塁から捕逸で三進を許した。「戸根もあそこでサインミスしているようじゃ」と、捕手の要求とは違う球種を投げたミスに言及した。

レギュラーシーズンは、まだ99試合を残す。「プレッシャーなんて言葉を使うに値しない位置ですからね。しっかり教訓とすることでしょうね。今日は隙を見せたというのは、わが軍の不徳と致すところ」と2戦目以降の糧にしていく。【前田祐輔】

その他の写真

  • 7回裏巨人1死一塁、代打中島(右奥)は頭部死球を受け激怒しマウンドに向かうも周りに止められる(撮影・浅見桂子)