阪神梅野「どんな形でも決めてやる」スクイズで先制

<阪神6-6DeNA>◇23日◇甲子園

阪神が5回に梅野隆太郎捕手(28)のスクイズで先制した。先頭打者の福留が一塁への痛烈なゴロで一塁手ロペスの失策を誘って出塁。

1死一塁から鳥谷の一、二塁間を破る当たりで福留が三塁へ進むと、続く梅野が1ボールからの2球目を一塁線へ転がした。「チームのためにガルシアのためにどんな形でも決めてやる! という気持ちでした」。好投する先発ガルシアを女房役がきっちりバットでもり立てた。

その他の写真

  • 阪神対DeNA 5回裏阪神1死一、三塁、梅野隆太郎は投前にスクイズバントを決め先制点を挙げる(撮影・加藤哉)