ソフトバンク椎野5勝目「祖父が手術を受けていた」

<ソフトバンク3-2楽天>◇5日◇ヤフオクドーム

ピンチを切り抜けたソフトバンク2番手の椎野新投手(23)が、5勝目を挙げた。

同点とされた直後の5回2死一、二塁で登板。浅村を打ち取ると、6回も無失点。「今日(5日)は祖父が手術を受けていたので、いつもより気持ちが入った」。幼いころからプレーを見てくれた祖父への感謝の思いを、球にこめた。優勝争いでの登板に「1勝の重さが違う。気持ちを引き締めて投げている」と語気を強めた。

その他の写真

  • ソフトバンク対楽天 5回途中から登板した椎野(撮影・今浪浩三)