巨人-阪神第4戦が中止順延、ドームでセCS史上初

巨人は10日、台風19号の影響を考慮し、12日に予定されている阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦(東京ドーム)を順延すると発表した。ドーム球場でのセ・リーグCSの中止は史上初となる。

大型の台風19号が12日から関東地方に接近する恐れが高まっており、交通機関の計画運休などが予想される。観客と関係者の安全を考慮し、中止・順延を決定した。

第4戦は13日に順延となり、以降の試合も順次繰り下げて開催する。

12日の第4戦のチケットは順延となる13日の試合で有効。また、以降の第5戦、第6戦のチケットも順次繰り下げとなり、チケット券面に記載されている日時ではなく「第〇戦」の試合で有効となる。

開催日変更によるチケットの払い戻しは実施しない。