ロッテ種市2320万円増「想像より上」背番16に

ロッテ種市篤暉投手(21)が11日、千葉市内の球団事務所で契約を更改し、今季の680万円から2320万円増の3000万円(金額は推定)でサイン。背番号も63から新たに「16」に変わることを明かした。

3年目は飛躍の年となった。開幕直後は中継ぎスタートで、今季初先発となった4月29日の楽天戦でプロ初勝利。9月までローテーションで回り、チームトップタイの8勝(2敗)で投手陣を支えた。「すごく評価していただいた。想像より(金額が)上だった。ローテの柱になってくれと言われた」と、思わず笑みがこぼれる会見となった。

球団からの評価は金額だけに終わらなかった。背番号16への変更を打診され、快諾した。「素晴らしい番号。他球団ではエースナンバーでもある。自分もエース級の活躍ができたら」。同じナンバーを背負う西武松坂の存在を「伝説」と言い「高校の時、すごく映像を見ていた。投げ合うことがあれば、勝ちたい」と闘志を燃やした。

またルーキーでは、同じ北東北出身の大船渡・佐々木朗希投手(18)が入団してくる。岩手と隣県の青森出身の右腕は「昨日、寮で会って、よろしくねと言いました。体がでかくて身長がめちゃくちゃ高くて、自分が後輩なんじゃないかと思った」と新人の“大物”ぶりに感嘆。アドバイスしたいことを問われると「新宿駅がすごい。出口がいっぱいあって(迷うから)ずっと上を向いてないといけない。青森で電車に乗ったことなくて、電車が分からなかったので(乗り換え)アプリは取ってほしいなと思います」と素朴な回答で笑いを誘った。【鎌田良美】

その他の写真

  • 年俸大幅増に笑みがこぼれるロッテ種市