巨人鍵谷が女優の青谷優衣と結婚「温かい家庭を」

  • 巨人鍵谷と結婚した女優の青谷優衣
  • 制服コレクション時代の青谷優衣(08年)

巨人は21日、鍵谷陽平投手(29)が女優の青谷優衣(あおや・ゆうい=28)と結婚したと発表した。

鍵谷は球団を通じて「二人で力を合わせて、笑顔あふれる温かい家庭を作って行ければと思っております。これからも家族、そして、応援してくださるファンの皆様の笑顔を守っていけるよう、より一層精進してまいります」とコメントした。

    ◇    ◇    ◇

青谷は埼玉出身で、身長167センチの美形女優。子役出身で、07年に集英社・週刊ヤングジャンプの「制服コレクション」で準グランプリ。10年にはNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で松下奈緒演じる村井布美枝の長女、藍子の大人になってからを演じた。

青谷も自身のSNSで結婚を報告。「この度かねてよりお付き合いをさせて頂いていた読売ジャイアンツの鍵谷陽平選手と本日1月21日に結婚致しましたことをご報告させていただきます」とし、「彼の野球に対する直向きな姿勢、そして何事にも誠実でどんな時も穏やかに包み込んでくれる優しさに心から惹かれ これからの人生を彼と共に寄り添いながら歳を重ねていきたいと思うようになりました」とコメント。

「まだまだ未熟者ではありますが、出来る限り精一杯のサポートをしながら夫婦として支え合い、お互いを想い合う温かい家庭を築いていけたらと思っております」とし、「また、結婚を機にこれまで以上に自身の仕事にも真摯に向き合い取り組んでまいりますので、これまで応援し、支えてくださっていた皆様、今後とも青谷優衣を何卒よろしくお願いいたします」と、女優業の継続も明言した。