西武スパンジェンバーグ脇腹痛欠場、次戦から流動的

<西武3-2オリックス>◇30日◇メットライフドーム

西武1番コーリー・スパンジェンバーグ内野手が脇腹痛で欠場した。

試合前練習で痛みを訴えたため、大事を取った。辻監督は「彼も全力でやるタイプだから。フリー打撃から全力で振るし、試合で全力で打つし、そこでちょっと痛めたら、長引いてしまえばこっちは困るのでね。そこは泣く泣く、なだめて」と説明。1日以降は流動的になりそうだ。