阪神小川2戦連続無失点「次回の登板に生かせる」

  • 6回裏、阪神3番手で登板する小川(撮影・森本幸一)

<中日6-3阪神>◇1日◇ナゴヤドーム

阪神小川一平投手(23)が、6回に3番手で登板した。

6回に味方打線が1点を返し、2-6の6回裏にマウンドへ。先頭の木下拓を左前打で出塁させたが、代打の井領を併殺に取るなど、2試合連続の無失点で切り抜けた。早くも6試合目の登板のルーキーは「先頭バッターを出したあと、落ち着いて投げることができたのはよかったです。ただ回の先頭バッターを簡単に出してしまったのは反省点なので、次回の登板に生かせるように頑張ります」と次を見据えた。