井上拓真、夢の兄弟同時王者へ 来春にも世界初挑戦

  • FacebookMessenger
  • TL

<プロボクシング:WBC世界バンタム級指名挑戦者決定12回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール

世界3階級制覇王者井上尚弥の弟で同級10位の拓真(22=大橋)が世界初挑戦の切符をつかんだ。同級3位マーク・ジョン・ヤップ(29=六島)に3-0の判定勝ちを収めた。序盤はカウンターパンチを軸に攻め、5回途中には左フックでダウンを奪って試合の主導権を握った。最終回に出てきたヤップとの打ち合いにも負けずに競り勝った。同じ階級での兄弟王者を目指し、来春にも世界挑戦が実現しそうだ。

最後まで倒しにいった。5回に左フックでダウンを奪い、途中採点でも優位に立つことを知りながら井上は「気持ちは最後までKOを狙う」とこだわった。12回フルラウンド終了時には勝利を確信し「スピードは自分の方が上だと思っていた」。東洋太平洋王者でもあるヤップを下し、自信に満ちた笑顔をみせた。

来春にも世界初挑戦が組まれる。現在、空位のWBCバンタム級は1位ウーバーソ(フランス)と4位ウォーレン(米国)による王座決定戦が来月に開催予定。この勝者が2位ペッチソーチット(タイ)との初防衛戦を終えてから挑戦-との通知がWBCから所属ジムに届いている。兄尚弥から「十分に力がある。2人で(バンタム級を)独占できれば」とエールをもらった弟は「兄と同じ階級で、(世界奪取は)小さい頃からの夢なので必ずかなえたい」と、日本2組目となる兄弟王者への自信を示した。

このニュースの写真

  • ヤップ(左)に右ストレートを見舞う井上拓真(撮影・滝沢徹郎)
  • FacebookMessenger
  • TL