所属芸人の社長会見反応「血の通った言葉が欲しい」

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、都内で、宮迫博之(49)田村亮(47)らによる反社会勢力を相手にした闇営業問題に端を発した一連の騒動について、記者会見を開いた。

会見を見ている芸人からは「血の通った言葉が欲しい」などの声が上がっている。芸人ファーストは実現可能なのだろうか。「その声を真摯(しんし)に受け止めて、理解を得るべくやるしかないと思っています。直接話して、理解を得られるまで会話を続けたい」とした。

その他の写真

  • 会見で涙を流す吉本興業の岡本昭彦社長(撮影・横山健太)