永島昭浩「スーパーゴォ〜ル」

左サイドの菅、パワーも運動量も魅力的/永島昭浩

<東アジアE-1選手権:日本5-0香港>◇14日◇韓国

香港との力関係があったから一概にほめられないが、日本は左サイドの菅がよかった。1点目のシュートを打っている場面は長友に近いイメージ。パワフルで運動量があって、気分がプレーに乗っていくのが見ている人に分かるのもいい。例えばこれが韓国に見せられるか。そこでも左サイドを支配できるのであれば、五輪だけでなくA代表でも楽しみになる。

日本対香港 前半、先制ゴールを決めた菅大輝(左から2人目)を祝福するイレブン(撮影・加藤諒)
日本対香港 前半、先制ゴールを決めた菅大輝(左から2人目)を祝福するイレブン(撮影・加藤諒)

全体で気になったのは敵陣ゴール付近まで球を運ぶ点では中国戦より改善されたが、その際の人のバランスが悪い。サイドに多い場合で4、5人もいて、たとえ局面を打開したとしてもゴール前に1人しかいない。非効率な攻撃を仕掛け、球を奪われれば即カウンターからの失点危機に直面していたはずだ。

注目された仲川は、スピードを生かすスペースがなかった。だから守備でリズムを作ろうとして、攻撃までの余裕がなかった。次回に期待したい。(日刊スポーツ評論家)

 ◆永島昭浩(ながしま・あきひろ) 1964年4月9日、神戸市生まれ。御影工から83年に松下(現G大阪)入り。清水、神戸で活躍。J通算165試合65得点。日本代表Aマッチ4試合出場。

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

更新