町田陽性者で社長会見「納得していただき試合開催」

J2町田ゼルビアFW晴山岬(19)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受け、町田の大友健寿社長が2日、午後5時から緊急のオンライン会見を行った。晴山は1日に千葉県内でのU-19日本代表候補合宿に参加しており、同合宿集合時のPCR検査で陽性反応が認められていた。

所管の保健所が確認した結果、この日午後6時半開始のJ2第9節京都戦(サンガスタジアムbyKYOCERA)の遠征メンバーに濃厚接触者はいないと判断され、7月31日に実施したJリーグの公式PCR検査で晴山以外の陰性が確認されていることから、試合は予定通りに開催することとなった。

会見の冒頭、大友社長は「まずはじめに、多方面にご心配、ご迷惑をおかけする事態になりましたことを、心よりおわび申し上げます」と頭を下げた。そのうえで「代表合宿があって、当日の検査ができてというところで、本日の試合のメンバー入りをしていたら、と想像すると怖いなというところ。検査のあり方はJリーグとも話し合いをして決めてきたが、土曜日、日曜日を挟むという時に地域の保健所との連携ができるのかとか心配はあるが、ここを改善しろというのではないが、難しさを感じた機会だった。(対戦相手の京都側に)不安はあったかと思いますが、しっかりとJリーグのPCR検査の結果や保健所の濃厚接触の該当者がいないという話をさせていただいてご納得していただいて、試合開催となっている。京都さんの本心まで具体的に確認はしていないが、Jリーグの専門家の先生が入った上で開催になった」と説明した。