京都・曹監督「間違ってた」就任挨拶でパワハラ謝罪

J2京都サンガの曹貴裁新監督(52)が、出身の京都から、気持ちも新たに監督として再スタートをきる。京都は20日、亀岡市内で新体制発表会を行い、公式YouTubeで配信した。

曹新監督は、あいさつの第一声で湘南監督時代のパワハラ騒動を謝罪。「一昨年、私自身が引き起こしたハラスメント行為について、多大なご迷惑をおかけしました。この場を借りて謝罪いたします」と述べた。

騒動は19年7月、湘南監督時代に発覚。調査でパワハラが認定され同10月、監督就任に必要な日本協会のS級ライセンスが1年間停止になった。昨年3月から流通経大サッカー部のコーチを務め、同10月には同ライセンスの資格停止処分も解除された。

再起をはかるのが、生まれ故郷の京都。騒動については「自身の認識が100%間違っていた」と振り返り、京都の新監督として「選手の成長を妨げず、選手を応援する気持ちを忘れず、純粋にサッカーに向き合いたい」と意気込んだ。

選手との合言葉は「京都から世界へ」-。京都を世界のサッカーに近づけたいといい「まだ見えない景色を見てもらうために、僕らが頑張らないと」と覚悟を示した。【佐藤あすみ】