nikkansport.com @ mobile

スポーツ

陸上 >>

桐生祥秀9秒98の裏にスターターの職人技あった!

  • TL

 桐生祥秀(21=東洋大)の9日の日本学生対校選手権男子100メートルで9秒台をマークした快挙の裏にはスターターを務めた福岡渉さん(46)の職人技があった。男子100メートル決勝の10分前、女子100メートル決勝の風は追い風2・3メートルで参考記録だった。スターター歴11年、福井陸協のスターター主任は機転を利かし、風が弱いタイミングで号砲を鳴らした。

 女子100メートルのレース前。福岡さんは風のリズムを分析していた。強風が1度吹いた後、わずかにやむ。再び強風が吹いた後、約3秒間風が弱まる。その3秒がチャンス。そう気が付くと、イメージトレーニングを繰り返した。

 桐生、多田らがスタート位置で準備をする間。スターターの位置についた福岡さんは、約40メートル先の吹き流しを見た。ただ係員と重なる。福岡さんは走って「どいて」と場所を動いてもらうようお願いした。いよいよ本番。吹き流しを見ながら、ちょうど“弱風の3秒”の間に号砲を打った。風は追い1・8メートル、公認記録の範囲内だった。絶好のアシストをした福岡さんは「日本で最初に9秒台を出させることができた」と笑った。

  • TL

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

  1. 田中理恵さん妊娠を発表「新しい命を授かりました」
  2. 羽生結弦フリー精彩欠き2位 3回転半転倒などミス
  3. 山県亮太、追い風で10秒00! 日本歴代2位
  4. 設楽悠太が自己ベストで6位 ベルリンマラソン
  5. 山県亮太が10秒00「まだ100点じゃない」