【スクール☆ウオーズのそれから/1】京都一のワル 病に倒れてなお、教えたいこと

物語は終わりに近づいている。かつて“京都一のワル”と恐れられた山本清悟は、伏見工業時代の恩師である山口良治に教職から退くことを告げた。内臓を患い、今年だけで2度の手術を受けていた。「伏見工業伝説」(文芸春秋)を執筆した記者が描く「スクール☆ウオーズ」のそれから。

ラグビー

〈奈良朱雀・商工ラグビー部顧問 山本清悟編〉

泣き崩れる奈良朱雀のNO8太田優斗を抱きかかえる山本清悟

泣き崩れる奈良朱雀のNO8太田優斗を抱きかかえる山本清悟

頭からタックル、脳裏に蘇るイソップ「僕の1つ下にも…」

東に桜の名所で知られる吉野山を望む球技場には、深い霧が立ちこめた。

激しい雨は次第に弱まり、後半に入るとぽつりとやんだ。

全国高校ラグビーの奈良県予選。奈良朱雀・商工は、11月13日にあった初戦で全国的にも強豪の御所実業とぶつかった。

前半を0-27で折り返す。後半早々にトライを奪われると、次のキックオフから50メートルを走られた。

スクラムはめくられ、キックをすれば、拾われてカウンターにあった。

ただ、どんなに点差が開いても身を投げ出し、頭からタックルに入る生徒がいた。

抜かれても、諦めずにゴールラインまで追いかけていく。

誰よりも体は小さい。

まるで、ドラマに登場するイソップのようだった。

奈良朱雀と御所実の試合は、深い霧の中で行われた

奈良朱雀と御所実の試合は、深い霧の中で行われた

「あいつは2年ですわ。

入学してきた時に、女の子が食べるような弁当箱を持ってきてね。

ほんまに小さかった。

なかなか大きくなれないんですわ」

山本はそう言うと、「ああ、そう。僕の1つ下にもいましたね」とつぶやいた。

イソップは実在する。

山本が伏見工業に入学した1年後に、奥井浩はラグビー部に入ってきた。

身長は140センチに満たず、体重は30キロほど。

小学校の中学年くらいの体つきをした小さな少年だった。

今から45年も前のことである。

ドラマでも描かれた光景が、時を超えて奈良の山奥にある霧の濃いグラウンドで交差する。

御所実のロック内藤の突破をタックルで止める奈良朱雀

御所実のロック内藤の突破をタックルで止める奈良朱雀

「ひたむきにやること。それが、人の胸を打つんやで」

ついに、御所実業との得点差は60点を超えた。

「負けんな! 負けんなって!」

どんなに点差が開いても1人、また1人…。すさまじい勢いで、タックルに入る。

その度に、応援席が沸いた。

残り時間は5分あまり。

奈良朱雀は相手陣、ゴールラインまで約10メートルの位置へ攻め込んだ。

せめて1本のトライが欲しかった。

しかし、ミスから相手にボールを渡すと逆襲にあう。ついにはモールを20メートルも押され、飛び込まれた。

直後にノーサイドの笛が鳴った。

0-73

花園は遠い。

山本が赴任してからも、1度もたどり着いたことがない。

最後と決めた今年もまた、届かなかった。

「これだけの人が集まってくれたやないですか。

応援に来てくれる人を、感動させなアカンでと、そう言うとるんです。

人の心を動かす。感動させるということは、ひたむきにやることなんやで。

それが、人の胸を打つんやで。

そう教えているんです」

倒れ込む奈良朱雀のNO8太田優斗を抱きかかえる山本清悟

倒れ込む奈良朱雀のNO8太田優斗を抱きかかえる山本清悟

試合が終わり、あいさつを済ませると、1人の部員が倒れ込んだ。

おえつを漏らしながら泣いていた。

山本が肩を貸して、立ち上がらせようとする。

それでも立ち上がることができない。

2人は一緒になって、ぬれた芝に崩れるように倒れた。

限界を超えてもなお走り、転んではタックルを繰り返し、過呼吸のような症状になっていた。

「よう頑張った、ほんまによう頑張った」

そう声をかける。

花園には届かなくても、教えは生徒に伝わっている。

奈良朱雀のNO8太田優斗を抱き抱える山本清悟

奈良朱雀のNO8太田優斗を抱き抱える山本清悟

「僕はおにぎり1つで変われた単純な人間です」

今年の春のことだった。

伏見工業の恩師である山口(写真)に会った際、山本はこう告げた。

「そろそろ、教師を辞めようと思っているんです」

背中を追って、同じ道を歩んできた。

スポーツ

益子浩一Koichi Mashiko

Ibaraki

茨城県日立市生まれ。京都産業大から2000年大阪本社に入社。
3年間の整理部(内勤)生活を経て2003年にプロ野球阪神タイガース担当。記者1年目で星野阪神の18年ぶりリーグ制覇の現場に居合わせた。
2004年からサッカーとラグビーを担当。サッカーの日本代表担当として本田圭佑、香川真司、大久保嘉人らを長く追いかけ、W杯は2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会、ラグビーW杯はカーワンジャパンの2011年ニュージーランド大会を現地で取材。2017年からゴルフ担当で渋野日向子、河本結と力(りき)の姉弟はアマチュアの頃から取材した。2019年末から報道部デスク。
大久保嘉人氏の自伝「情熱を貫く」(朝日新聞出版)を編集協力、著書に「伏見工業伝説」(文芸春秋)がある。