中距離種目のエリミネーションで日本勢が男女アベック優勝を決めた。

女子は、20年世界選手権オムニアム金メダリストの梶原悠未(26=TEAM Yumi)が制し、男子は、昨年の世界選手権オムニアム銅の今村駿介(26=チームブリヂストンサイクリング)が金メダルに輝いた。

エリミネーションは、中距離4種目で行われるオムニアムのうちの1種目。

今大会、日本勢の金メダルは、初日の男女団体追い抜き、男子チームスプリントに続き5個目となった。