鈴木圭一郎(29=浜松)はスタートで出遅れて2着だった。1枠から3番手スタート。

9周1角で2番手に上がったが、金子大輔の背中は小さく勝負は決まっていた。

「スタートが遅かった。いつも通りに切ったつもりだったけれど…。少し遅かった。追い足は良かっただけに…。(敗因は)スタートですね」。枠番選択順1番目で選んだ1枠を生かし切れなかった。