このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

フェニックス59キロ克服がカギ/阪急杯

雪が降る中、追い切られたスズカフェニックス
雪が降る中、追い切られたスズカフェニックス

<阪急杯:追い切り>

 阪急杯(G3、芝1400メートル)に出走するスズカフェニックス(牡6、栗東・橋田)が坂路で最終追い切りを行った。視界を遮る激しい雪をものともせず、あん上のムチに応え、最後までしっかりとした脚取りを保ってフィニッシュ。昨年末の阪神C優勝以来になるが、手綱を取った込山助手は「雪がひどい時やったから気を使ったけど、いい時の感じ。(反応も)楽やったよ」と太鼓判を押した。

 今回は今まで経験したことのない59キロを背負うことになる。橋田師は「重量と(馬群を)さばけるかどうかやね」と課題を挙げた。昨年の高松宮記念を制覇。今年も阪急杯をステップに高松宮記念、安田記念と短距離、マイルG1を戦う。前哨戦とはいえ、ここで不利な条件を蹴散らしてこそ勢いがつくというもの。自慢の差し脚で、格の違いを見せつける。

[2008年2月28日8時23分 紙面から]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ