なでしこが勝った。東京に続く2大会連続6度目の五輪出場をつかみ取った。女子日本代表「なでしこジャパン」(FIFAランキング8位)が、負けたら終わりのパリ五輪切符をかけた決戦で、北朝鮮(同9位)を2-1で破った。

FW田中美南がヘディングシュートで先制点をお膳立てした。「バーに当たって。詰めてくれていて良かった」。北朝鮮との戦いに「欧州との対戦より嫌だった。この相手に勝てたことが自信になった」と振り返り、パリへ「このままではメダルは遠い。個のレベルを上げられるように」と締めた。