横浜FCは鹿島アントラーズに惜敗し、1シーズンでのJ2降格が決まった。勝って、17位柏レイソルが敗れた上で得失点差12を逆転しなければいけない難しい状況で、前半に2失点の厳しい展開。後半18分にMFカプリーニ(26)のミドルシュートで追い上げるも、及ばなかった。

四方田修平監督(50)は「非常に申し訳なく思いますし、まだまだチームとして強くならなければいけないと強く感じました」と肩を落とした。

J2降格を受けて、昼田宗昭GM(57)が今季限りで退任し、来季は、J2ツエーゲン金沢の強化部長だった田端秀規氏(53)を招聘(しょうへい)することが決まった。