ルヴァン杯でクラブを初のタイトル獲得に導いたアビスパ福岡の長谷部茂利監督(52)が、優秀監督賞を受賞した。

プレゼンターは日本代表の森保一監督(55)。長谷部監督は、森保監督からトロフィーを受け取り「選んでいただきましてありがとうございます」と言葉を詰まらせ「成長し続ける選手たちを支えてきたコーチはじめスタッフ、後押ししてくれたファンサポーターの結晶だと思っています。いつも支えてくれている妻と息子たち、ありがとう」と話した。

森保監督は、アジアサッカー連盟の年間表彰で「アジア年間最優秀男子監督賞」を受賞したばかり。「この賞は私がいただきましたが、チームスタッフ、選手が努力を重ねてくれている結果。チームを代表として受け取りたい。今、監督としていられるのは、Jリーグで監督の経験を積ませていただいたから。感謝したい」と自身についても話していた。

MVPに神戸FW大迫勇也! ベストイレブンに神戸から最多タイ4人/Jアウォーズまとめ