川崎フロンターレは11日、MF原田虹輝(23)が今季限りで退団することを発表した。

昌平高校(埼玉)卒業後、19年に加入した川崎Fで2シーズンプレーするも公式戦に出場することはできなかった。21年にガイナーレ鳥取、22年からAC長野パルセイロに期限付き移籍していた。原田はクラブを通して「フロンターレで学んだことをこれからの人生に生かして、いつか等々力のピッチでプレーできるように頑張っていきます!」などとメッセージを伝えた。

コメントは以下の通り

 

川崎フロンターレに関わるすべての皆さん、5年間ありがとうございました。フロンターレでは試合に絡むことができず、応援してくれたサポーターの皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。偉大な先輩たちやスタッフの方々と過ごせたことで、素晴らしい経験をさせてもらいましたし、選手としても人としても成長できた2年間だったと思います。フロンターレで学んだことをこれからの人生に生かして、いつか等々力のピッチでプレーできるように頑張っていきます! 期限付き移籍した3年間もなかなか結果が出せませんでしたが、SNSでメッセージをくれたり試合に見に来てくれたサポーターの方もいてうれしかったですし、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!