横浜F・マリノスが、東京ヴェルディとの31年ぶり「国立開幕戦」で、劇的勝利を収めた。1993年(平5)5月15日のJリーグ元年のオープニングマッチと同じ、逆転の2-1というスコアで、しかも、その93年に生まれた31歳のDF松原健(31)が決勝点を奪った。

31年前と同じくヴェルディに美しい得点で先制されたが、後半44分にFWアンデルソン・ロペスのPKで追いつく。さらにロスタイム3分、松原の左足ゴールで勝ち越した。右サイドからゴール左上に芸術的な放物線を描き、伝説のカードで2-1を再現した。

日産と読売の時代から続く黄金の対決に、詰めかけた5万3026人大観衆は沸きに沸いた。

31年前は、ヴェルディがマイヤー(オランダ)のJ第1号となるミドルシュートで先制。その後、マリノスがエバートン、ディアスのゴールで逆転勝ちしていた。当時と同じ歓喜をトリコロールが再現。伝統の緑を聖地で退け、松原は「自分の感覚としては、あのコースしかないな、と。なるべく、ふかさないように。入って良かったです。(国立の雰囲気は)最高でしたし、31年前の開幕戦の状況が戻ってきたことがうれしいですし。何としても勝たなければいけない開幕戦だったので、うれしいです」と感動していた。

◆Jリーグ開幕戦 1993年5月15日、国立競技場でヴェルディ川崎(読売クラブ)と横浜マリノス(日産)が、開会セレモニーに続いて対戦した。チケットは抽選方式、NHKの視聴率は32・3%と国民的な関心事となった。試合は前半19分にFWマイヤーのゴールで川崎が先制したが、後半にMFエバートン、FWディアスのゴールで横浜が2-1と逆転勝ち。26歳だった川崎FW三浦知良(カズ)はフル出場。川崎DF加藤久、都並敏史、横浜MF木村和司、水沼貴史ら不遇の時代を支えてきたベテランは、涙で試合に臨んだ。

【動画】横浜DF松原健が終了間際に劇的逆転弾!5万3000人の歓声に国立が揺れる

93年J元年の伝説の一戦再び 横浜が終盤逆転で開幕戦勝利 東京V善戦も及ばず/ライブ詳細