少年サッカー「春の日本一」を決める、JA全農杯の関西予選が行われた。第1日は予選リーグ12試合が行われ、前年覇者のDREAMFCら各グループ上位2チームが、きょう3日の決勝トーナメントに進出した。

決勝進出の2チームは、全国の強豪16チームによる決勝大会「JA全農チビリンピック2024」(5月3~5日、神奈川・日産スタジアムほか)に出場する。予選リーグ全試合の結果は、以下の通り。

【Aグループ】西宮SS4-0DIVERT MONOBE、DREAMFC8-0DIVERT MONOBE、DREAMFC1-1西宮SS

※DREAMFCが1位、西宮SSが2位

【Bグループ】ディアブロッサ高田5-0SV ROHDIA、上富田2-1SV ROHDIA、ディアブロッサ高田7-0上富田

※ディアブロッサ高田が1位、上富田が2位

【Cグループ】舞鶴南0-0ジュンレーロ紀三井寺、A.Z.R0-0ジュンレーロ紀三井寺、A.Z.R4-2舞鶴南

※A.Z.Rが1位、ジュンレーロ紀三井寺が2位

【Dグループ】FC ZERO2-0YF奈良テソロ、センアーノ6-1YF奈良テソロ、センアーノ2-1FC ZERO

※センアーノが1位、FC ZEROが2位