日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. シネマ
  4. ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 作品紹介
  5. ランキング

時代劇「十三人の刺客」47年ぶりリメーク

 時代劇映画史上最長の殺陣シーンが、復活する。63年公開の映画「十三人の刺客」(工藤栄一監督)が47年ぶりにリメークされることになり、同名のタイトル(三池崇史監督)で来年の公開が決まった。すでに今月5日に山形県内でクランクインしており、このほど撮影現場が公開された。江戸末期、暴君ぶりを発揮する藩主を暗殺するため、13人の家臣らが決死の作戦に出るというストーリー。主演の役所広司や山田孝之、松方弘樹ら豪華キャストが勢ぞろいし、映画史に残る大乱闘のクライマックスを再現する。

 ロケ地の庄内映画村では、約2億円かけて宿場町を再現。13人が集合し、襲撃準備を進めるシーンを公開した。役所は「オリジナルを見てました。チャンバラとか殺陣とか、熱気が伝わる映画でした」と振り返った。02年「SABU~さぶ~」以来の時代劇映画に挑む三池監督は「昔の映画は楽しそう。昔のような『祭』をしたい、というのが目的。そのためにリメークを利用したい」と話した。

 「祭」を象徴するシーンが、終盤の大チャンバラだ。オリジナルでは、13人対53騎の人馬による殺陣が、約30分続いた。新作では、敵の規模を200騎にパワーアップ。劣勢の13人が切り込んでいく。役所は「人を切ったことがない人の戦い。それを迫力にしていきたい」と意欲的。実際に、どれだけの時間をこの場面に割かれるかは決まっていないが、三池監督は「観客も少し疲れるくらいの長さが必要だろうと思います」と長時間バトルを見据えている。最新技術も取り入れた21世紀型の殺陣が、時代劇映画の新たな歴史を刻みそうだ。

 [2009年7月20日7時2分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは







この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  はんにゃら出演で過去最高の2万2000人 - 芸能ニュース
  2. 2  爆問太田「僕は肉食ですけどイ○ポです」 - シネマニュース
  3. 3  大西順子活動再開、11年ぶりアルバム発売 - 芸能ニュース
  4. 4  たむけん目の前の客に移動され自虐ムード - 芸能ニュース
  5. 5  夏目三久アナのコンドーム写真が流出 - 芸能ニュース


日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. シネマ
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです