日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 芸能
  2. ニュース

芸能のRSS

ジョニー大倉、余命2週間の闘病を語る

不死身のロックンローラー、ジョニー大倉(左)と長男で俳優の毛利ケンイチ
不死身のロックンローラー、ジョニー大倉(左)と長男で俳優の毛利ケンイチ

 肺がん治療中のジョニー大倉が61歳の誕生日の3日、都内の病院で取材に応じ、闘病生活を赤裸々に語った。余命2週間と宣告されていたこと、約240時間に及ぶ抗がん剤治療で最大15センチのがんが2センチに縮小したこと、副作用からの苦しみを、脱毛した頭部をさらけ出して明かした。ありのままの闘病内容を語ることが、全国のがん患者の励みになればという思いからの叫びだった。

 リーゼントだったジョニーが、脱毛した頭部を隠すことなく語り始めた。

 ジョニー 2週間で死ぬ命と言われた僕が、3カ月かけて、良い医者と良い薬と良い家族に助けてもらった。生きていることは良いことと実感しています。

 6月5日の入院前、実は家族にだけ「余命2週間」と告知された。MRIとCT検査で肺に14~15個のがんが見つかり、最大15センチにもなっていた。今も病院に寝泊まりして24時間付きそう妻のマリー大倉さん(60)、母が寝る夜中に徹夜で看病する長男で俳優の毛利ケンイチ(40)は言う。

 マリーさん 生死をさまよう状況で、とても本当のことは言えなかった。

 毛利 今思えば、奇跡としか言いようがない。

 家族の様子からジョニーも察してはいた。

 ジョニー 命を絶つ瞬間というもの、寂しさとか、わびしさとかを感じていました。

 肺がん末期で、外科手術はできない状態。現在のがん3大治療で、残るは抗がん剤と放射線だが、主治医の力強い後押しもあり、抗がん剤治療を選んだ。副作用に加え、正常細胞も攻撃し、抵抗力も弱まるなどデメリットも理解していた。

 マリーさん 主人の生きるんだ、死ねないという強い使命感を感じました。

 治療は過酷だった。1日12時間×5日の1クールを計4回。昼から夜中にかけた約240時間に及ぶ点滴治療に耐えた。一時は15キロも体重が減った。4クールの治療を終えたのは8月19日。リーゼントできめていた頭髪は抜け落ちていた。

 ジョニー 12時間が5日。普通の人はひっくり返ったりするらしい。僕は闘って第4クールまで終わった。吐き気、つらいのはあるけど、そこで自分が闘える気持ちになるかならないか。乗り越えてみせる、絶対に勝ってみせるという精神力しかない。

 過酷な治療の結果、がんは2センチまで縮小したという。今でも副作用による吐き気やだるさはあるが、目の力は失っていない。

 ジョニー とにかくまだ死ねない。自分のステージ、曲、俳優としての個性が三位一体となって、またジョニーとして華やかにステージに立ちたい。来年2月にはライブを始めたい。やることはたくさんある。

 病室で、ブログに届くファンのメッセージに全て目を通している。その恩返しも込め、この経験は世に伝えたい。がん患者の励みになることも願ってだ。

 ジョニー 一番いい生き方をチョイスするなら、がんに侵されてふさぎ込むのはやめた方がいい。この世に生まれて何をすべきか、もう1度判断すれば、「まだ大丈夫」という自信につながる。自分が闘える気持ちになるかならないか。最後は自分で乗り越えるしかない。僕も、がんになって、自分で制圧している感覚を力にして闘っていきたい。【聞き手・山田準】

 ◆ジョニー大倉の不死身神話 87年にホテルの7階ベランダの手すりで懸垂中に転落するも、4階で引っかかり、地面にも足から落ちたため、全治6カ月の重傷で済んだ。長男の毛利は「普通なら死んでます。ロック用の厚底ブーツを履いてなかったら半身不随でした」。09年には悪性リンパ腫を放射線で除去した。

 ◆ジョニー大倉(おおくら)1952年(昭27)9月3日、神奈川県生まれ。72年6月、矢沢永吉らと4人組ロックバンド、キャロルを結成。革ジャン、リーゼント、サングラスのスタイルでファンキー・モンキー・ベイビーなどをヒットさせた。75年4月、音楽性の違いを理由に解散後はソロ活動。81年には映画「遠雷」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。173センチ、78キロ、血液型B。

 [2013年9月4日7時17分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞