俳優の高知東生(58)が30日、X(旧ツイッター)を更新。日大が違法薬物問題に揺れるアメリカンフットボール部の廃部を決めたことについて「学校が失敗を学ぶ場でなくなったら、一体若者はどこで失敗から学べるのか」と複雑な思いをつづった。

高知は「日大アメフト部の廃部には心底驚いた」と言及。「今後学校で薬物問題が起きたときに、こうして伝統ある部活や活動を潰していくのか」と懸念し、「大学というのは薬物に限らず、問題が起きたときの改善策や再発防止策を学ぶ場だと思っていたが違うのか?学校が失敗を学ぶ場でなくなったら、一体若者はどこで失敗から学べるのか」と、大学側の対応に疑問を投げかけた。

高知は16年に覚醒剤取締法違反事件で、懲役2年執行猶予4年の判決を受けた。その後薬物依存症からの回復を目指し、依存症についての啓発活動にも取り組んでいる。