宮沢氷魚(29)と新木優子(29)が、24年1月期のTBS系日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」(日曜午後9時)に出演することが4日、分かった。

宮沢の同局ドラマへのレギュラー出演は、俳優デビューした17年「コウノドリ」以来で「TBSドラマにレギュラー出演するのは2017年の『コウノドリ』以来なので、出演が決まった時は喜びでいっぱいでした」と語った。一方、日曜劇場に初出演の新木は「初めて台本をいただいた時、なんてすてきなストーリーなんだろう! と感動しました」と率直な喜びを口にした。

宮沢は劇中で、主演の西島秀俊(52)演じる才能あるマエストロ(指揮者)夏目俊平が指揮をとる、廃団寸前の市民オーケストラ・晴見フィルハーモニーのトランペッター森大輝を演じる。練習も人一倍熱心ながら音程はすこぶる怪しく、感情がそのまま音に出てしまうため演奏を台無しにしてしまうことも…。普段は、芦田愛菜(19)演じる俊平の娘・響が働く市役所の観光課に勤務し、職場仲間として響と次第に関係を深めていく役どころだ。「日々、撮影をしている中で、音楽が持つ力や包容力に魅了されています。家族愛や友情といったさまざまな関係を音楽が紡いでくれます。この作品をご覧になってくださった皆さんが、日曜日の夜に笑顔になっていただけたら幸いです」とコメントした。

新木は、オーケストラの和を乱す魔性のフルート奏者・倉科瑠李を演じる。プロのオーケストラで活躍するフルート奏者だが、恋愛絡みで事件を起こして数多くのオケをクビになった過去があり、狙った獲物は決して逃がさない通称“カルメン”。俊平に出会い、自分に全く振り向かない、その心を射止めようと燃える役どころだ。「(台本は)ファミリーの温かさ、仲間と作り奏でる音楽の素晴らしさの表現がとてもすてきで、活字で読んでいるのに耳元で、時には繊細で時には大胆な音楽がキャラクターの感情に乗って聞こえてくるような感覚でした」と台本の感想を語った。そして「この作品が奏でるストーリーの一部になれることがとてもうれしいです。個人的に憧れていた楽器のフルート。精いっぱい頑張ります!」と意気込んだ。

企画プロデュースの東仲恵吾氏は「この物語では、主人公が音楽で、そして人間関係で個性あふれるオーケストラ団員たちとどうやって調和していくのかが見どころです。そして、その個性を存分に発揮してくださる仲間として、宮沢さん、新木さんにご出演いただけることになりました」と2人の起用理由を説明。「宮沢さんは、あふれんばかりの優しさをまとった人で、その優しさとかわいらしさをイメージして、大輝という人物を作り上げました。新木さんは、力強さとかれんさを持ったすてきな目と笑顔になった時のチャーミングさのギャップが魅力的で、瑠李という役の、魔性の女性でありながらその奥に抱えた“複雑な想い”を見事に演じてくださると思いオファーしました。すでに撮影は進んでおりますが、まさにおふたりにしかできない、それぞれの個性豊かなキャラクターを作り上げてくれております」と続けた。

そして「また、今回ご出演いただくオーケストラ団員の皆さんには、何カ月もかけて楽器練習に取り組んでいただきました。その本物の演奏シーンも見どころです」と見どころをアピールした。