テーオーケインズ(牡6、高柳大)は、坂路4ハロン53秒1-12秒3で最終リハを終えた。

高柳大師は「先週、しっかりとやったので、今週はさらっと。少し時計は速くなったけど動きは良かったし、状態はいい。中京ダート1800メートルは結果も出ているし、この馬の力は出せると思う」とうなずいた。

一昨年のチャンピオンズCは、6馬身差の圧勝だった。得意な舞台で、2年前の再現Vとなるか。「メンバーはそろったけど、ケインズもやれる力はある。ゲートを決めて、自分の競馬ができれば」と期待を込めた。