2021年のJBCスプリント(Jpn1)など重賞3勝を挙げたレッドルゼル(牡8、安田隆)が引退する。所有する東京サラブレッドクラブが25日、ホームページで発表した。前走のフェブラリーS6着がラストランとなった。

前走後、右前の歩様に若干の違和感があったこともあり、検査したところ、右前脚の種子骨靱帯周辺の腱鞘が炎症していることが判明。復帰に相当な時間を要すると診断され、8歳という年齢も考慮され、現役を引くことになった。

今後は北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬入りする予定。血統は父ロードカナロア、母は4勝馬フレンチノワール。通算成績は27戦9勝だった。