1. トップ
  2. 秋季大会
  3. ドラフト
  4. 過去の大会

履正社、国士舘、倉敷商が勝利/甲子園交流試合詳細

<甲子園交流試合>◇15日◇3試合◇甲子園

甲子園高校野球交流試合第4日は3試合。履正社(大阪)国士舘(東京)倉敷商(岡山)が勝った。

日程&結果

10日の詳細

11日の詳細

12日の詳細

第1試合:履正社10-1星稜


チーム
履正社10
星 稜

詳細スコア

昨夏甲子園決勝と同じ組み合わせは、昨夏と同じく履正社が勝利した。序盤の大量リードが大きかった。初回、敵失と内野ゴロの間に2点を先制。2回には、小深田大地三塁手(3年)の2点適時中前打、関本勇輔捕手(3年)の左前適時打など打者11人で6点を加えた。先発の岩崎峻典投手(3年)は3回の犠飛による1失点に抑えた。関本も相手盗塁を3回、刺すなど、バッテリーが強力だった。星稜は立ち上がりの守備の乱れが痛かった。打線も履正社・岩崎の前につながらなかった。

履正社対星稜 星稜に勝利し、校歌が流れる中で履正社のタオルを掲げる元阪神・関本賢太郎氏(撮影・岩下翔太)
履正社対星稜 星稜に勝利し、校歌が流れる中で履正社のタオルを掲げる元阪神・関本賢太郎氏(撮影・岩下翔太)
星稜対履正社 9回裏途中、黙とうする両ナイン(撮影・横山健太)
星稜対履正社 9回裏途中、黙とうする両ナイン(撮影・横山健太)
履正社対星稜 黙とうを行う両校ナインとスタンドの関係者(撮影・前岡正明)
履正社対星稜 黙とうを行う両校ナインとスタンドの関係者(撮影・前岡正明)
履正社対星稜 2回表履正社2死満塁、両井大貴の右前2点適時打で生還する関本。捕手内山(撮影・前岡正明)
履正社対星稜 2回表履正社2死満塁、両井大貴の右前2点適時打で生還する関本。捕手内山(撮影・前岡正明)
星稜対履正社 2回表履正社2死満塁、星稜・倉知からの送球を内山(左)がキャッチできず関本が生還し2点を追加される(撮影・横山健太)
星稜対履正社 2回表履正社2死満塁、星稜・倉知からの送球を内山(左)がキャッチできず関本が生還し2点を追加される(撮影・横山健太)
履正社対星稜 2回表履正社2死満塁、小深田は中前2点適時打を放つ(撮影・前岡正明)
履正社対星稜 2回表履正社2死満塁、小深田は中前2点適時打を放つ(撮影・前岡正明)
履正社対星稜 2回裏星稜無死、今井秀輔のバックネットへのフライを好捕する履正社・関本勇輔(撮影・岩下翔太)
履正社対星稜 2回裏星稜無死、今井秀輔のバックネットへのフライを好捕する履正社・関本勇輔(撮影・岩下翔太)
星稜対履正社 1回裏星稜1死一、二塁、内山(右)を三振に仕留める岩崎(撮影・横山健太)
星稜対履正社 1回裏星稜1死一、二塁、内山(右)を三振に仕留める岩崎(撮影・横山健太)
履正社対星稜 履正社先発の岩崎峻典(撮影・岩下翔太)
履正社対星稜 履正社先発の岩崎峻典(撮影・岩下翔太)
星稜対履正社 力投する星稜先発の荻原(撮影・横山健太)
星稜対履正社 力投する星稜先発の荻原(撮影・横山健太)
星稜対履正社 整列する両ナイン(撮影・横山健太)
星稜対履正社 整列する両ナイン(撮影・横山健太)

第2試合:国士舘4-3磐城


チーム
磐 城
国士舘

詳細スコア

国士舘は1回1死三塁のチャンスに併殺で無得点。磐城は2回無死満塁から併殺崩れと沖政宗投手(3年)の中前適時打で2点を先取。国士舘は3回、門田朋也外野手(3年)のスクイズと水村颯一郎外野手(3年)の適時打で3点を奪い逆転。国士舘・中西健登(3年)、磐城・沖の両投手が踏ん張る中、磐城は6回に草野凌内野手(3年)が同点適時打。国士舘は斎藤光瑠外野手(3年)の犠飛で再び勝ち越し、逃げ切った。

磐城対国士舘 磐城に勝利し整列する国士舘ナイン(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 磐城に勝利し整列する国士舘ナイン(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 ベンチ前に整列する磐城ナイン(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 ベンチ前に整列する磐城ナイン(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 6回裏国士舘1死一、三塁、左犠飛を放つ斉藤(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 6回裏国士舘1死一、三塁、左犠飛を放つ斉藤(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 6回表磐城2死一、二塁、草野の中前適時打で生還しガッツポーズする市毛(右)(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 6回表磐城2死一、二塁、草野の中前適時打で生還しガッツポーズする市毛(右)(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 力投する磐城先発の沖(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 力投する磐城先発の沖(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 3回裏国士舘無死二、三塁、右前2点適時打を放つ水村(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 3回裏国士舘無死二、三塁、右前2点適時打を放つ水村(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 2回表磐城2死三塁、中前適時打を放つ沖(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 2回表磐城2死三塁、中前適時打を放つ沖(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 1回裏国士舘1死三塁、清水の三塁ゴロ送球間に本塁を狙った水村はタッチアウト(撮影・前岡正明)
磐城対国士舘 1回裏国士舘1死三塁、清水の三塁ゴロ送球間に本塁を狙った水村はタッチアウト(撮影・前岡正明)
磐城対国士舘 力投する磐城先発の沖(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 力投する磐城先発の沖(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 力投する国士舘先発の中西(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 力投する国士舘先発の中西(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 試合前、ノッカーを務める磐城・木村前監督(撮影・横山健太)
磐城対国士舘 試合前、ノッカーを務める磐城・木村前監督(撮影・横山健太)

第3試合:倉敷商6-1仙台育英


チーム
育 英
倉敷商

詳細スコア

仙台育英対倉敷商 7回裏倉敷商1死三塁、左前適時打を放つ浅野(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 7回裏倉敷商1死三塁、左前適時打を放つ浅野(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 力投する倉敷商・永野(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 力投する倉敷商・永野(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 6回裏倉敷商2死三塁、右前適時打を放つ永野(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 6回裏倉敷商2死三塁、右前適時打を放つ永野(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 5回裏倉敷商2死満塁、押し出し死球を選びガッツポーズする浅野(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 5回裏倉敷商2死満塁、押し出し死球を選びガッツポーズする浅野(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 4回裏倉敷商2死二塁、中前適時打を放ち笑顔を見せる田村(左)(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 4回裏倉敷商2死二塁、中前適時打を放ち笑顔を見せる田村(左)(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 4回表仙台育英無死一、三塁、左前適時打を放つ向坂(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 4回表仙台育英無死一、三塁、左前適時打を放つ向坂(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 力投する仙台育英先発の向坂(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 力投する仙台育英先発の向坂(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 力投する倉敷商先発の福家(撮影・横山健太)
仙台育英対倉敷商 力投する倉敷商先発の福家(撮影・横山健太)

甲子園交流試合アラカルト

▼滞在期間 各校の滞在時間を短くし、近隣地区の学校は日帰りとするため1日3試合までとし、開始も午前10時と遅めに設定。宿泊は前日と試合当日の最大2泊。できるかぎり1人1室を用意する。

▼招待人員 ベンチ入り選手は例年の18人から2人増やして20人。責任教師(野球部長)、監督、記録員1人、補助員5人、校長またはそれに準じる者1人の計30人。

▼無観客 無観客が原則。野球部員と教職員、部員は各1人につき保護者、家族合わせて5人まで観戦可能。次の試合の保護者はアルプス席に待機する。例年のブラスバンドやチアの応援はできない。

▼飲食 売店は閉店。かちわり、ビールなどの売り子もなし。

▼校歌 勝利校は距離を取って整列し校歌を歌う。大声は禁止。

▼土集めなし 1試合ごとにベンチ内消毒を行うため、時間的制約から「甲子園の土」を集める行為は禁止。出場校には後日、阪神園芸の協力で土が贈られる。

▼取材 試合前取材はなし。スカウトや保護者をスタンドで取材することも禁止。試合後はこれまでの1階でのお立ち台ではなく、売店などが並ぶコンコースに移動し行われる。

▼後援新聞社 今回はセンバツ主催の毎日新聞社、全国高校野球選手権主催の朝日新聞の2社が後援。スコアボードの旗は上から毎日、朝日と並び、試合前にはセンバツ大会歌「今ありて」、夏の大会歌「栄冠は君に輝く」の順番で場内に流れた。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング