吉田輝星、変化球修正へ先輩金子から教えを請う姿勢

日本ハム吉田輝星投手がプロ2度目の先発へ変化球を磨く。次回登板が濃厚とされている23日の中日戦(ナゴヤドーム)へ向け、本拠地で調整を行った。

報道陣から先輩に聞いてみたいことを質問されると金子の名前を挙げ「変化球が苦手なので聞ければいい。直球を生かすのであればチェンジアップとか、落ちる系(の球)を覚えられれば幅は広がる」と、教えを請う姿勢を見せた。

その他の写真

  • 日本ハム対巨人 試合前、ファンとのハイタッチを終えた日本ハム吉田輝星(右)と清宮幸太郎は肩を組んで引き揚げる(撮影・垰建太)