吉田輝星スーツ着こなし苦戦、YouTubeで特訓

脱・腰パンで、令和の「トレンディーエース」へ! 日本ハム吉田輝星投手(18)が8日、都内で行われた日本ハムOB会・懇親会に出席。一流選手に不可欠なスーツの着こなし方に、悪戦苦闘していると明かした。

金足農時代は腰パンが主流で、まだスーツの着用には慣れない様子。OB会長で現役時代「トレンディーエース」と呼ばれた西崎幸広氏(55)のように2年目の来季は、ファッションセンスも磨く!?

   ◇   ◇   ◇

マウンドで見せる、堂々とした吉田輝はいなかった。球団支給の濃紺のスーツを身にまとい、戸惑う胸中を明かした。「スーツって、ズボンを上げるじゃないですか。(高校では)学ランだったので…。ケツが半分出るくらいまで(下げて)、裾は引きずるくらいでした」。プロ1年目を終えた18歳。慣れないスーツの着こなし方に苦笑いを浮かべた。

入団直後に苦戦したネクタイの締め方は、動画サイト「YouTube」を教科書に特訓した。「やっと出来るようになりました」と最初の関門はクリア。今季はプロ初登板初勝利を飾ったが、1勝3敗と負け越した。ステップアップを目指す来季へ、スーツ購入を「1つのご褒美」に設定。そのタイミングに向け「これから先輩に教えてもらって、身の丈に合ったスーツを探します」と話した。

OB会・懇親会では、同じ円卓だった「トレンディーエース」こと西崎氏と初対面。「いろいろ有名だったと聞いたことがあります」と目標の「エース」の座に加え、ファッションセンスも兼ね備えている存在に興奮気味だった。西崎氏は「ファッションうんぬんより、まずは野球で目立たないと。直球は良いものを持っている。あとは投球術」とエールを送った。

プロ入り前に購入したスーツは腕、尻周りがキツくなり「体は成長しているけど球速は上がらない…。笑えないです」と現状に納得していない。「来年頑張らないと」。一張羅が2年目の進化、飛躍のバロメーターになる。【田中彩友美】

その他の写真

  • 懇親会で乾杯する日本ハム吉田輝(左手前)。右手前は西崎幸広OB会会長(撮影・滝沢徹郎)
  • 懇親会のお楽しみ抽選会で自身が描いた球団マスコットの絵を手にする日本ハム吉田輝(撮影・滝沢徹郎)