不仲説ビーバー夫妻、約10億円新居購入 米紙報道

歌手ジャスティン・ビーバー(25)と昨年9月に電撃結婚したモデルのヘンリー・ボールドウィン(22)夫妻は、度重なる結婚式の延期で不仲説も浮上しているが、このほどビバリーヒルズに850万ドルで新居を購入したと米ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。5つの寝室に7つのバスルームを備え、庭にはオリーブの木もある1932年に建てられたクラシックな豪邸だという。ビーバーは2014年にそれまで住んでいたロサンゼルス郊外の豪邸をクロエ・カーダシアンに売却してからは賃貸物件に住んでいたが、結婚を機に新しい家を探していたという。

しかし、インスタグラムで精神的にさまざまな葛藤を抱えていると告白し、うつ病の治療を受けているといわれているビーバーは、当初予定していた1月から自身の25歳の誕生日である今月1日に延期していた結婚式を再度取りやめたと伝えられており、精神面が心配されている。ピープル誌によると、ビーバーは結婚式の準備ができるような状態ではなく、当面は治療に専念することを決めたと伝えている。「いつかは結婚式を挙げる予定」と関係者は語っているが、時期を決めずに体調が回復するまで保留にすることになったようだ。結婚式は当面延期となったものの、先日はロサンゼルス南部ニューポートビーチで愛犬と共にピクニックを楽しむ姿も目撃されており、夫婦仲は良好のようだ。(ロサンゼルス=千歳香奈子)