2月倒れた園子温監督「死んでよみがえってきた」

今年2月に心筋梗塞で手術を受けた園子温監督(57)が25日、都内で、「Netflixオリジナル作品祭」に出席した。

2月21日に退院後、公の場に出るのは初めて。新作「愛なき森で叫べ」(今秋配信)の編集作業時期に倒れたという園監督は「1度死んでよみがえってきた。原因はこの作品にあります。ストレスで倒れたと言ってもいい。ものすごい編集の量でした。ネットフリックスに慰謝料を払っていただきたい」と言いつつ「素晴らしいものができた」と自信を見せた。

椎名桔平、満島真之介、でんでんと約30分のトークを行った。作品祭にはほかに中谷美紀らが出席。