広島ファン山中秀樹アナが白血病の北別府氏にエール

  • 北別府学の広島時代の投球フォーム

広島出身でカープファンの元フジテレビ山中秀樹アナウンサー(61)が20日、白血病を患っていることを公表した広島OB北別府学氏(62)にエールを送った。

 

山中アナはツイッターで「心配していたミスター赤ヘルが、散歩が出来るくらいまで回復し、春から解説復帰らしいのでホッとしていたら、北別府さんが白血病を公表。ちゃんと治してまたマイクの前に座ってください」とコメント。体調不良が伝えられた元広島監督、山本浩二氏(73)の回復報道に安堵しつつ、北別府氏の闘病、復帰へエールを送った。

北別府氏はレギュラー出演する地元テレビ番組内で20日に病気を公表。発表2年前の検査で「成人T細胞白血病」と診断され、月に1度検査を受けてきたという。昨年11月から数値が上がってきたため、21日から広島県内の病院に入院する。今後は化学療法を行い、骨髄移植を行う予定という。