河瀬直美監督「映画の力で光を」なら国際映画祭開幕

  • 「なら国際映画祭2020」のオープニングに登場した左からMIYABI、斎藤工、永瀬正敏、河瀬直美監督、中野聖子理事長(撮影・松浦隆司)

河瀬直美監督(51)がエグゼクティブディレクターを務める「なら国際映画祭2020」(22日まで)が18日、東大寺大仏殿をはじめとした奈良市で開幕した。

初日のオープニングセレモニーでは、東大寺大仏殿の参道に敷いたレッドカーペットを、奈良県出身の加藤雅也、アンミカらが歩いて参拝する様子をライブ配信した。映画祭は10年から隔年で開いており、今回で6回目。新型コロナウイルスの影響で国内外の映画祭が中止される中、感染予防策を講じての開催に河瀬監督は「分断された闇が伝染する前に映画の力で光を届けたい」と話した。