永島昭浩「スーパーゴォ〜ル」

視野狭い3バック 2点では物足りない/永島昭浩

<東アジアE-1選手権:日本2-1中国>◇10日◇韓国・釜山

若さや経験のなさは理解した上で、非常に気になったのは最終ラインからの攻撃の組み立てだ。

日本対中国 開幕戦で中国に勝利して喜ぶ日本代表イレブン(撮影・加藤諒)
日本対中国 開幕戦で中国に勝利して喜ぶ日本代表イレブン(撮影・加藤諒)

3バックから次のパスを出す際に非常に視野が狭い。ピッチの横幅や縦幅を使えていないから、中国側から見れば確信を持ってプレスにいける。球を失う場面が目立ったのはそのためで、これが強豪国になれば一気に失点危機へと直結していた。

例えばボランチの井手口か橋本が下がり、3バックを含めた4人で組み立てを開始すれば、より日本にとって安全で相手には危険なパスを出せたのではないか。危険=相手の体力を奪うことだから、後半終了間際のような反撃を食らうこともなかったはずだ。柴崎はこのようなカバーをきっちりしている。

攻撃では上田に球をあてるのも大事だが、上田が起点となってチャンスを作り、上田自身のシュートがもっとほしかった。球が転がりやすい、この日のピッチ状況を考えても2点では物足りない。(日刊スポーツ評論家)

 ◆永島昭浩(ながしま・あきひろ) 1964年4月9日、神戸市生まれ。御影工から83年に松下(現G大阪)入り。清水、神戸で活躍。J通算165試合65得点。日本代表Aマッチ4試合出場。

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

更新