J村井チェアマン「プロ野球がなければ」一問一答2

6月27日にJ3とJ2が、7月4日にJ1が、それぞれ開幕、再開することが29日、Jリーグ臨時実行委員会で決まった。

当面は無観客で実施し、7月10日からの観客動員を目指す。また全56クラブの選手やスタッフ、審判を対象に、2週間に1度PCR検査を実施することも決まった。

会議後にウェブで会見した村井満チェアマン(60)の一問一答は以下の通り。

-この2カ月を振り返って

村井チェアマン 毎日どん底というか、毎日厳しい。4月上旬に緊急事態宣言が発令されたときは、遠くで起こっていたことが日増しに自分ごと化していき、選手や(日本サッカー協会)の田嶋会長、身近な人が感染し、4月上旬くらいに(事態)収束のメドが見えない中で、どこまでいくんだろう、というのが不安ではあった。国民みんな一緒だと思うので、チェアマンに限った話でないと思う。

-プロ野球との連絡会議も立ち上がり、スポーツ界がJリーグを手本にしている。還元していく考えは

村井チェアマン Jリーグとプロ野球は長いこと、多くの人が「距離がある」と考えていたかもしれないが、かけがえのない盟友。プロ野球がなければ、ここまでの知見を獲得できなかった。お世話になっていると感謝の気持ちがある。2週に1度約2400の検体を採取をして、データで蓄積していくことは、さまざまな競技の健康管理の一助になると思うし、こういうデータそのものが医学界にとっても非常に重要と認識しているので、我々の活動を通じて結果的に恩返ししていければ。

-PCR検査の実施はいつ頃になるか

村井チェアマン 6月27日に再開、開幕と決めたので、6月20日ぐらいにはだいたいの検査ができるように組もうとしている。

-PCR検査費用はリーグが負担するのか

村井チェアマン Jリーグをベースに考えている。