ポルトガル、ハンガリー、ポーランドも5月再開へ

欧州では新型コロナウイルスの感染拡大の影響により3月からほとんどの国で公式戦を中断しているが、5月に入り、リーグ再開に向けた具体的な準備が進められるようになった。

6日に正式合意される予定のドイツの他、5月中にハンガリー(23日)、ポーランド(29日)、ポルトガル(30日)が再開できる見通しとなっている。

◆ドイツ 同国政府は6日にリーグ戦の再開を許可する方針で、15日から無観客で開催される予定。再開となれば、イングランド、スペイン、イタリア、フランスを含む欧州5大リーグでは初となる。

◆ハンガリー 同国サッカー協会が23日から再開すると発表。選手交代枠も従来の3人から5人(3度)に増やす予定。

◆ポーランド リーグは29日から無観客で再開すると発表。7月19日までにシーズンを終える予定になっている。

◆ポルトガル 1部リーグは30日に無観客で再開する見通し。同国のコスタ首相が明らかにしている。リーグは3月12日から中断しているが、MF中島翔哉が所属するポルトが首位に立っている。

その一方で、オランダとフランスはリーグの打ち切りを正式発表。ベルギーも再開断念の方針を固めていたが、正式決定が1カ月以上も延期され、一転して再開を目指す可能性も残る。